介護業界で高い収入を得るには幾つかの方法がありますが、広く知られているのは資格を取得して資格手当を貰う方法と介護現場の経験を活かしてケアマネージャーになる方法があります。勿論施設によっては介護士として長年勤務し実績を積めば、ある程度の昇給が望める場合もありますが前述した方法はより高い確率で収入アップが狙える方法として知られています。

まず最初に資格取得を目指すルートから説明すると、介護業界には介護職員初任者研修・介護職員実務者研修・介護福祉士・ケアマネージャー等の資格があります。このいずれかを取得すれば施設ごとに差はありますが数千円ぐらいの資格手当が支給されるので、複数取得した場合は更なる給料アップに繋がります。具体的にそれぞれの資格がどのぐらいの価値があるかですが、初任者研修1500円~3000円・実務者研修3000~5000円・介護福祉士5000~10000円ぐらい貰えるケースもあります。支給額が高いほど資格の難易度も高くなるため、まずは初任者研修から始めると良いでしょう。
初任者研修についてはこちらも参考になるかと思います→「介護業界で活躍するには!?

ケアマネージャーになるのも資格が必要です。ちなみにこの資格を取得すると更に上がり、少ない施設では20000円~30000円・多い施設では70000円ぐらい支給されることもあるのでかなりの収入アップとなります。ケアマネージャーは、利用者や家族の要望・事情を考慮したケアプランの作成や手続き・他の介護職員との調整等責任のある仕事を担っています。その為資格手当の他にも役職手当が付くこともあるので、介護関係の職種の中では比較的高い給料水準を誇っています。

まとめると介護で稼ぎたい場合は複数の資格を取得することと、ケアマネージャーになることが一番知られている方法です。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2019 資格の取得で未来が開ける. All Rights Reserved