介護業界には幾つもの職業があり勤務する職業によって生活支援や身体支援等業務が全く異なります。様々な職業が存在する介護業界の中で今回は介護福祉士・訪問入浴・ホームヘルパーそれぞれの魅力を挙げていきます。

最初に介護福祉士についてです。介護福祉士になるには国家資格を取得する必要があります。資格は難関ですが取得すれば施設によっては手当てが付き給料に加算され、一度職場を退職しても資格があるだけで強みにもなります。介護福祉士は介護に関わるあらゆる技術や知識を必要とし利用者とのコミュニケーションやヘルパーへの指導等幅広い業務に携われる職業です。介護業界にはデイサービスや介護付き有料老人ホーム等の様々な施設があるので、一旦介護福祉士としての経験があれば活躍の場は広がることになります。

介護で排泄や入浴・食事の全てのサービスをするのは不安という方には、訪問入浴介護員やホームヘルパーになるという方法もあります。訪問入浴・ホームヘルパー共に身体の不自由な人を相手にするということは変わりませんが、それぞれの細かい仕事内容は違います。訪問入浴は利用者が入浴する為の介助、ホームヘルパーは事業所によって違いますが身体介護・生活支援・通院等の介助又はどれかを行う仕事です。これらの職業はハードな面はありますが、いずれも一人又は少人数でやるので人間関係は比較的楽な部分もあります。また資格を所持していなくても始めることが出来るので介護業界に興味を持った人が経験を積める場としても活躍しています。介護業界にはこうした魅力ある職業が沢山あり、経験出来る業務も様々なものがあります。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2019 資格の取得で未来が開ける. All Rights Reserved